上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MAGIです。

ぐうたら旅日記その3の続き。

結局前も見えないくらいのとんでもない雨の中、

駒ヶ根市へ。

理由その1、もし奇跡的に雨が上がって明日晴れたらやっぱり行きたい千畳敷カール。

理由その2、前から食べたかったアレとアレがある。


というわけで、駒ヶ根で目覚めた私たち、すぐに天気をチェックしましたよ。


雨の中のお散歩


どよーん。



千畳敷カールはあきらめました。無理して登ってもねー。

さ、千畳敷カールのことなんてこの際きっぱりさっぱり忘れて

食いに走りますよ。


まずは伊那へ向かいましょう。

いざローメン

伊那ローメン


ぼけぼけですみません。

午前11時とは思えないこの暗さ。

念願のローメンは汁あり、汁なしとお店によって違うようですが、

ローメン発祥のここ、萬里さんは汁ありタイプ。

いろんな種類がありましたが、私たちは定番のマトンを使ったローメン

食べ方はソース、酢、おろしにんにく、ごま油、七味、なんかを自分の好みで入れて食べます。

自分好みに仕上げてるから当たり前っちゃぁ当たり前かも知れませんが、

めちゃくちゃおいしかったです。

普段、ラムはよく食べますが、マトンは初めてだったのでクセが気になるかも、って思ってたんですが、

いやいや、全く大丈夫でした。もっとクセ、カモーンって感じです。



後ろを見るとアルマジロやらいろんなものの焼酎に漬かったのがずらりと並べられてたり

メニューは可憐な乙女が口にするのも憚れるようなすごいものが・・・。


ローメン発祥の店、ということで何も知らずやってきた私たちですが、

本当はそれ以外のメニューの方がブログネタとしてはおもしろいかも。

あ、グロテスクなものが駄目な方はお店に入ることすらお勧め出来ません。


今日も長くなりそうなので、続きは‘続きを読む’で。

付き合ってやろうじゃないの、という奇特な方、ありがとうございます。


... 続きを読む
スポンサーサイト
MAGIです。




体重を戻そうと、以前井岡か誰かがテレビで披露していた

減量メニュー(野菜がいっぱい入ったスープ)を思い出しながら作っていましたら


作っていましたら?


いつの間にかカレーになっちゃってました。


あちゃー。


そんな訳で昨晩、今朝、今日のランチと順調にカレーを片付けていっております。あぁ、幸せー。


あ、ところで、ちょっとお聞きしますが、

世の中に圧力鍋の鍋だけを盗んで行く泥棒なんているんでしょうか?

昨日、カレーを作ろうといつも使ってる圧力鍋を出そうとしたんですが、

いくら探してもないんですよ。

蓋はあるんですよ。圧力鍋の命の蓋は。

片っ端から探したんですが、やはり今朝になっても鍋が見つからないんです。

これは泥棒が留守中に入ったか?って思ってお金やその他のものも確認しましたが、

そのままです。

あんな重い、しかも蓋がなくて圧力鍋にもなりきってない鍋だけ盗んでいく泥棒なんて・・・。

いないですか。そうですか。

はい、もう一度探してみます。


寝る前に泥棒が入ったかも、なんて夫を脅かしてしまったせいで昨日、夫、

夜中いきなりむくっと起きて



「さるぼぼどこいったん?」




と大声で叫びました。

でかい寝言じゃな。




大丈夫です。

車にちゃんといますから、ぐっすりお休みください。




あらあら今日もまた無駄に長い前説だこと。

タイトルの旅日記は追記に持っていきましょう。

気が向いたら続きをどうぞ♪

MAGIです。


3キロ弱増えて帰って参りました私でございますが、

何とか1キロは戻すことが出来ました。

あと2キロかぁ・・・(遠い目)


さてとっ!今日も現実逃避。旅日記を続けます。


9月22日(土)つづき


高山のおいしい物を食べようと思ってたのに、いい匂いがしてきてしまいました。

奴だ、奴が来たんだ。



カレーです。


カレーの匂いをかぐと他のものが選択肢の中から吹っ飛びます。

そんなわけでカレーの匂いの出所を嗅覚を頼りに探し当て

無事、近所のOLさんがお昼休みに来るような喫茶店でカレーを食べました。

おいしかったー。


ま、まぁ、火曜日まで何度もご飯を食べる機会はあるんですから、

急いで名物ばかり食べる必要もないですよねー。えぇ、ないです。

(その後もマク○ナルドやミス○ードーナツに行ってましたけどそれは内緒の方向で)


そんなこんなでお腹もふくれたことなので次の場所、飛騨民俗村 飛騨の里へ。
3万坪の敷地に民家を移築して昔の山村風景を再現している野外博物館です。

飛騨の里2



飛騨の里1
 クリックすると写真が大きくなります。

何軒かのお家ではこうやって縁側で機織りや、わら細工、ひのき細工などを実演されてる方がいて

その場で体験も出来ます。



本当は白川郷に行きたかったんですが、この日は試験的に駐車場を予約制にされてる日だったので

予約をしていない私たちは今回はあきらめることに。

でも、ここ飛騨の里は渋滞もないし、車もらくらく停められるし、

気兼ねなく写真取り捲れるし、楽しかったですよ。



ここを出て少し付近をブラブラしたんですが、

ログハウス調のカフェを発見。お茶しに入ったのですが、

玄関があって、靴を脱いで入るちょっと変わった、

そして家庭的なカフェでした。

全ての椅子の足元にはイボイボのついた青竹踏みがついていて

長時間歩いた疲れた足にとってもうれしい作りになってました。

・・・ってつらうら書いてながらお店の名前、覚えてないんですけど・・・。


当初の予定では次の日は上高地に行く予定だったんですが、

どうも天気が芳しくない。

そんなわけで次の日、運よく晴れたら上高地、晴れなかったらまた他の場所、

どこに行くにも便が良さそうなところ、っていうのでこの日は松本泊となりました。


あ、そうそう、さっきの民俗村 飛騨の里の入り口付近で見つけたんですが、
何の実


わたしはだぁれ?


朝から調べてるんですが、わからないのです。

とうもろこしのような緑の子。

あなたはいったい誰なんだ?



そして謎を置いてきぼりにして

岐阜長野ぐうたら旅日記その3につづく・・・予定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。