上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.14 元気ですよ♪
MAGIです。

相変わらずのぐうたらぶりでございます。

ひゃぁ!!!気がつけば約1ヶ月更新しとらんではないですか!?

そりゃぁ心配されるはずですな。

いやいやとっても元気ですよ。夫婦二人揃って(笑)

ただ問題が・・・。


蕾もおいしいですか?


在庫の写真が激しく季節はずれです(笑)

見頃前のアジサイ(^m^)

いつもシーズンが終わってしまってから出かけるアジサイ、

今年こそはとはりきって、

早々に出かけ開門と同時に植物園にイーン!!!しましたら、

かなりフライング気味。

見頃はこれからって感じでした。

見頃にもう一度出かけようと思ってましたのに・・・ましたのに・・・。



そんな感じで相変わらずの私たちでございます。

ちょっと今ですねー、

夏用に生活拠点となる部屋を変えてるんですけども(涼しい部屋へ移動しました)、

その部屋が狭いもんでパソコンが使いにくい状態なんです。

なので皆様のところへもなかなかお邪魔出来てなかったり

お邪魔させて頂いてもコメントも残さず読み逃げ状態だったりしております。

落ち着いたらまたゆっくりお邪魔させてくださいねー。



そんな感じで近況報告でございました。


あ、夫も1ヶ月ほど前

そろそろ更新するわっ!って言ってたんですが、

あれは空耳だったんだろうか・・・(笑)



スポンサーサイト
MAGIです。


昨日の記事で鳥を撮ろうと望遠レンズを持って出かけた、

しかしなかなか撮れないものなのだ、って話しを書きました。

声はすれども姿が見えず。



バードウォッチングで来られてた方々と出会うのですが、

その方たち、私たちがカメラを構えてると気になるようです。


バードウォッチング隊の皆様: わっ、大きい望遠で何か撮ってるわ


えっと、古いからでかいだけです。250mmしかありませんから。

しかも撮ってるの、これですから。

葉っぱを撮ってるだけですから・・・。


葉っぱです。

何も撮れないままこの2キロのカメラを提げて歩くのもむなしかったので、

手当たりしだい、何でも撮り始めたんですけど(えぇ、250mmのまま)

紛らわしいので人とすれ違う時はカメラを構えるの止めました。


手ぶれ補正の焦点距離を変更しズームをワイド側にして、近くを撮れるようにしようかと思ったんですが、

そういう時に限って鳥さんが出てきそうな気がしたので

昨日は意地で250mmを通しました。

人生、一貫性のない私が昨日は250mm道を貫いてやりましたわい。がははははー・・・アホ。


なので、皆さんが近寄って撮ってらっしゃるマンサクの花も

マンサク


1人離れて撮っておりましたよ。






                    ぽつーん・・・





わー、250mmってすごいなぁ・・・こんな離れてても撮れるんだぁ。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シーン。

良かったなー、望遠持ってきてー。だってこんなに離れても撮れるんだからー。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シーン。


するどい人A: 離れて撮るメリット、ないよね。近くに寄って撮れる花だし。

・・・・・・・・・・おっしゃる通りです





MAGIです。


おぉっと、もうこんな時間。

正月明けからの連続更新記録が止まってしまうっ!



今日は朝から「鳥さん撮っちゃおうかなっ!」と張り切って

例の2キロのカメラ(ケイ太と望遠レンズ)を提げ、

森林植物園に出かけたんですが。

いつも限られたスペースの公園で鳥さんを撮ってた私たち。

山の中で普通に暮らしてる鳥さんって、


なかなか姿を現してくれないんですね・・・


いやぁ、来られてる皆さんの装備を見ても

なんか集音マイクのようなものを持ってたり、

大きな双眼鏡をみんなぶらさげてたり、

望遠鏡がくっついてるようなカメラだったり、


ちょっといつもと様子が違うよ?


そんな中、うちの天然な夫は皆さんに負けじと必殺技を開発中です。

題して、


必殺耳澄まし。

必殺!耳澄まし!



寝てるのかと思ったんですが、

耳を澄まして鳥のいる場所を探っていたようです。

途中、ベンチに寝そべって


「ベンチと一体化することで鳥を油断させる」


と、小学生のような必殺技まで披露してくれました。


んっと・・・。


えっと・・・。


が、がんばれっ!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。